英文財務諸表の作成

 

 

上場企業がIR活動のツールとして制作するアニュアルレポート
その財務セクションに掲載する英文財務諸表の作成は、監査法人が責任を持つという認識をされていませんか?
監査報告書に記載されているように、財務諸表を作成するのは、会社の経営者の責任です。
監査法人の責任は、その財務諸表に「重要な虚偽表示がない」ことを監査によって証明することです。
経営者による英文財務諸表の作成をAPOがお手伝いいたします。

財務セクション掲載の英文財務諸表は、法規制に基づく開示と異なり、定められた様式はありません。多くの日本企業が有価証券報告書掲載の連結財務諸表をもとに、これを英文化し、海外投資家に馴染みやすい様式に組換えて英文財務諸表を作成しています。
APOでは、日本企業が採用している様々な開示スタイル・作成方法・監査法人による違いについて熟知、海外の開示事例も調査しています。
ご要望にあわせて財務セクション・英文財務諸表を作成、監査対応まできめ細やかにサポートいたします。
和文アニュアルレポート用に、英文財務諸表の様式による和文での財務諸表作成も支援しています。

 

 

APOだからできること---------

 

 単なる組換え翻訳ではない、財務諸表利用者の視点を重視した英文財務諸表作成(英文・和文)

有価証券報告書は規則重視の開示がされており、投資家にとっての読み易さ重視ではありません。
有価証券報告書の単純翻訳や、注記を単純翻訳し掲載順を欧米式に並べ替えただけの英文財務諸表では、監査により「重要な虚偽表示」がないことが証明されたとしても、在外財務諸表利用者に対する財務情報としては不親切な表記である可能性があります。

ステイクホルダーにより深く理解してもらうことを主要な目的とする任意開示では、財務セクションにおいても財務情報の読み解き易さが重要なポイントです。これは、翻訳スキルだけで対応できることではありません。
APOでは、監査の実務経験を有するバイリンガル会計士が、企業のご担当者様に代わり、“海外投資家にとって「読み易く」「理解しやすく」「有益な」財務情報となっているか”という視点で細部にわたり検証し、よりスマートな開示となるようご提案します。

 

⇒ 開示資料作成支援との同時進行可能・スピーディな開示を支援

APOでは、上場会社の開示資料作成アウトソーシングサービスとして、開示資料の会計データ収集および金額チェック、開示内容チェックなどの会計実務の支援を行っています。開示資料作成の進捗状況に合わせて英文での開示資料作成を開始することで、有価証券報告書公表とほぼ同時期での英文財務諸表作成が可能ですので、会計監査もスムーズです。

 

⇒ ご担当者様の負担を軽減

多大な作業と労力を必要とする決算期、企業のご担当者様にコア業務に専念して頂けるよう、APOが支援します。
APOでは、ご担当者様が効率的かつ効果的に確認作業を行っていただけるよう、工夫をしています。
英文財務諸表作成のためのデータ収集についても、効率的な作成方法を提案し、ご担当者様の負担を軽減いたします。

 

⇒ テーラーメイドな支援

APOでは、コスト重視のクライアント様には、限定的作業での作成サービスにも対応しております。
クライアント様側で対応できる部分がある場合、過去の表現や作成方法は全てそのまま踏襲する場合

など、作業範囲を限定しての支援も可能です。作業内容をご相談しながら、柔軟に対応いたします。



英文IR・翻訳サービス お問い合わせ先
TEL :  03-5228-1940
E-mail : kaigai@apol.jp

英文IR・翻訳サービスライントップへ